・新木目金について

伝統技法である木目金を銀粘土、銅粘土で制作できるようにした非常に特殊な製法です。本来の木目金と同じく、通常のハンドメイド作品より更に制作時間がかかります。二色の金属を主にマーブル状に使う以上、多くの作品が全く同じものを作れない、全くの元通りには修理、サイズ直しが出来ないもののご購入された作品全てが文字通りの世界で一つだけの作品になります。また、この技術を応用した作品もあります。
必然的に通常のシルバーアクセサリーより銅を多く含むことになるのでその点は注意しなければなりません。
日本的なもの、世界に一つなもの、珍しいものを身に着けたい方向けです。

・純銀作品について

シルバー999、もしくは1000の文字通り銀のみで出来た作品です。通常よく出回っているシルバー925、950より強度は劣ってしまいますが、純銀独自の輝きを持っていたり、混ぜ物がない分金属アレルギーになりにくく、更に銀そのものが貴金属の中でもトップクラスで耐性があります。この特性から既に金属アレルギーになってしまった方でもアクセサリーとして身につけられる可能性があります。そのような場合には医師と相談の上ご購入下さい。


・シルバー作品について

シルバー950、925と通常出回っている純度の銀で出来た作品です。あえて言えば素材の特徴が特に無くなってしまうというのが欠点ですが、通常のシルバーアクセサリーと同様の扱い方で運用することが出来ます。便宜上当店で該当するものはシルバー○○と名づけています。


・耐硫化シルバー作品について

シルバー990と厳密な意味での純銀では無くなりますが、材料時点で変色しにくくなるよう配合された特殊な銀で出来た作品です。銀でも出来るだけ長く変色をして欲しくない、自分での磨きを極力減らしたい方向けになります。強度は純銀より気持ち硬い程度なので余り無理はさせないでください。便宜上当店で該当するものは耐硫化シルバー○○と名づけています。


・ピンクシルバー作品について

銀と銅を組み合わせ、ピンク色になるように配合したシルバー作品です。当店の場合は記載が無い限り新木目金技術を応用した自家製のものになります。女性に好まれるピンク色で作品が作れ、強度も銀としてはほぼ最大なのが特徴ですが、合金の成分の半分近くが銅になるため他の銅を混ぜた銀合金より金属アレルギーになる確率が上がり、変色も早く、細かな傷が沢山ついてもピンクに見えにくくなるというデリケートな面もあります。


・緋銅について

銅を特殊な方法で文字通りの緋色〜黒っぽい赤色の間で変色、固定させる日本の伝統技法です。高い技術力が無ければ基本的に色ムラが出来てしまいますが、それが味となったり、副産物として表面にエナメル質のコーティングが形成されるため、他の銅の着色技法のものより色が剥がれにくくなっています。修理が必要になった場合は再コーティングをすることとなり、色は全く同じものにはならないので注意しなければなりません。

・革作品について

レザークラフトによる手縫いの作品の販売になります。タンニンなめしのものは古来からの革として加工する際の製法であり、高級で使い込むほど味がでます。クロムなめしのものは材料としてタンニンなめしのものより安価で柔らかいのが特徴です。革は天然素材であるがゆえ、生体の頃の傷跡などが残っていたりしますが、余程目立つものはこちらで材料としては省きますが、そうでない限りこちらは作品に生じていたとしても仕様となりますので、ご了承の上お買い上げ下さい。
素材の革が仕入先に入荷されず販売できない場合がございます。

・参考作品について

商品としてではない、純粋に作品として作られたものを参考にと設置しています。決められた金額が無いためショップ上では0円になっていますが、0円での購入が出来るわけではありません。基本的には売買はしておりませんが、もし購入をご希望であれば お問い合わせメールフォームより一度ご相談ください。可能であれば制作します。